CELFORD BEADED ACCESSORIES

セルフォード | CELFORD Official Brand Site

決して主張しすぎない繊細で優しいデザイン。
それでも、ひとつ身につけるだけで途端に華やかな装いへと引き立てるのが、CELFORDのビジューアクセサリー。
花や葉をモチーフにしたネックレスやイヤリングは、CELFORDがドレス同様とても大切にしているアイテムです。

セルフォード | CELFORD Official Brand Site

ハレの日にふさわしく、そして身につけることで女性がさらに美しく見えるようにと、緻密に計算し尽くした程よいサイズ感。
そしてコスチュームジュエリーでありながら、華やかな場にもふさわしいものでなくてはならないと、
本物のジュエリーのようなリュクス感と輝きを出すことをとことん追求。
それらを叶えるため、すべての工程を卓越した熟練の職人が手作業で生み出しています。

セルフォード | CELFORD Official Brand Site セルフォード | CELFORD Official Brand Site

クリスタルガラスの優しい輝きが、ドレスを一層引き立て、
また、シンプルなカットソーにつけるだけでハレの日の装いへと変化させる特別なスパイスとなるように。
そんな願いが込められたCELFORDの特別なジュエリーは、
あらゆるシーンに寄り添う、生活に欠かせないアイテムとして、ひとりでも多くの女性たちに愛していただきたい逸品です。

Master Craftsmanship
こだわりの職人技

セルフォード | CELFORD Official Brand Site

手作業で作られる、ジュエリーの基礎‘原型’

デザイン画に沿って、ジュエリーを形作る“原型”と呼ばれる型を真鍮で作ります。
すべて、手作業で掘り進める繊細な作業です。
クリスタルガラスが入るくぼみ周りは、金属部分がなるべく見えないよう、
約0.8㎜ほどまで薄く削り出すなど、細やかな作業を可能にするのは日本の熟練の職人の技。
上側が原型と呼ばれる型で、下の銀色のものが原型から型を取ったジュエリーの土台となるパーツ。
パーツは、ひとつのイヤリングで5つ。5種類の原型が必要となります。

セルフォード | CELFORD Official Brand Site

本物のジュエリーに見えるような工夫を

パーツとパーツをつなぐ役割をする、丸カン。
多くのジュエリーには丸カンがついていますが、CELFORDのジュエリーはよりクリスタルガラスの輝きを増し、
本物のジュエリーに近づけるため、丸カンはつけないことがほとんど。
写真の右側が丸カン付きのもの、左側がついていないものですが、
丸カンがついていない方がパーツ同士の密度もあり、高級感が高まります。
丸カンなしで繋がるように、原型を作るのは、とても難しく、パーツの量=作る原型の数も多くなります。